AX

自動車事故

車両引上げについて

自動車保険で、車両保険を一般条件で加入していたとします。

そこで、過日運転操作を誤り、電柱にぶつかって大破してしまいました。

そういった場合、保険金支払いの対象になります。(無免許運転、飲酒運転は対象外)

そこで、保険会社の損害認定で全損認定になりました。(全損認定とは、現在のその車の価値より修理金額の方が上回った場合を言います。)

また、そうなった場合保険金の受取り額はその車の価値分しか受けとれません。

尚且つ、ぶつかって全損になった車両は、保険会社が引上げていきますので、注意が必要です。

なかには、全損になった車両を下取りに出して、新しい車をと考える方もあるみたいですが、そうではないので注意が必要です。

自動車保険

自動車任意保険(お得な加入方法)

18歳になりますと多くの方が自動車免許を取得します。
たとえば、お子さんがその年齢で免許を取得し自動車を購入したとして自動車任意保険に加入しなければならないとして、あなたならどのように加入しますか?

その年齢で、自家用小型乗用車に新規で加入するとしますと、車両保険も含めますと年間保険料50万近くになります。
軽自動車の中古車が買える値段ですよね?

そこでアドバイスなのですが、お父さんが自動車に乗っていて自動車任意保険に加入していたとします。
結構、年数も経っていて等級割引も進んでいた場合、そのお父さんの保険に買われたお子さんの自動車を乗せ換えをします。同時に年齢条件も年齢を問わず補償に変更します。すると安く自動車任意保険に加入できると思いませんか?

又、お父さんの自動車が無保険状態になりますので、セカンドカー割引なりを適用して35歳以上補償で新規加入します。

すると、2台合わせた自動車任意保険料はかなり違ってきます。
数十万の差が出るケースもあるので、是非そうゆうことを相談できる保険会社、代理店で加入される事をお勧めします。

自動車保険

車両修理時支払限度額引上げ特約

車両保険の保険金額が50万円以下の場合に契約できます。

車の修理費が車両保険の保険金額以上となる場合で修理を行ったときに、損害額からご契約時に設定された免責金額(自己負担額)を差し引いた金額を50万円を限度に保険金として支払われます。

したがって、愛着があって年式が古い車に乗っている場合で車両保険をつける場合、この特約をつけておけば修理代が50万まで支払ってもらえるということだ。

自動車保険

自動車保険・車両無過失事故に関する特約

相手自動車との衝突・接触事故(相手自動車の確認が条件)のうち、駐車中の契約の車に相手自動車が衝突した場合など、車両所有者および契約の車を使用・管理しているものに過失がなかった場合には、事故件数に数えない事故(ノーカウント事故)として車両保険金等を支払ってもらえるという特約です。

この特約を付帯することによって上がる保険料は自家用普通自動車で約1,410円、自家用軽四輪自動車で約780円です。

この特約によって、無保険車に追突された場合で、相手に支払い能力がない場合自分の保険を使っても次年度の保険料は上がらないということになります。

事故あり係数が導入され保険使用した場合、保険料がかなり上がる時代になったことを考えると有難い特約かもしれませんネ。

自動車保険

自動車保険「地震・噴火・津波危険車両全損時一時金補償特約」

自動車保険の新たな特約として、「地震・噴火・津波危険車両全損時一時金補償特約」というものがあります。

 この特約は、東日本大震災の経験を踏まえ、地震・噴火・津波で被災されたお客さまが生活に欠かせない移動手段を確保することを目的とした補償内容となっています。

地震・噴火・津波などの災害は、一般的な損害と異なり、同時に多数の被害が発生し、また極めて巨額の損害が発生する可能性があり、民間保険会社で対応することが困難なリスクとされています。

しかしながら、東日本大震災以降のお客さまの声を踏まえ、地震等の災害に対する補償を、広くかつ安定的にご提供し、大規模な地震の際に速やかな保険金支払を可能とするべく、保険金のお支払対象を「全損」のみに限定するとともに、定額の保険金を支払う内容となっています。。


対象契約は車両保険(一般条件)付契約で、保険金をお支払いする場合は地震・噴火またはこれらによる津波によって、ご契約の自動車が「全損」となった場合に保険金が支払われます。
 


お支払金額は、50万円(定額)です。。ただし、車両保険の保険金額が50万円未満の場合にはその金額をお支払いします。

保険料は、一律5,000円(保険期間1年、一時払の場合)で車両保険の保険金額が50万円未満の場合は、その金額に応じて特約保険料が低減します。

保険業界

自動車保険「事故あり係数」の導入

24年10月1日以降、新規、更新契約より1事故あたり「事故あり係数」が3年ないし1年間適用されます。



現行のノンフリート等級別料率制度は、契約者の事故実態に応じて等級をを1〜20等級に区分し、等級ごとに保険料の割引または割増を行う制度です。



初めて契約する場合には、6等級または7等級が適用され、その後、1年間無事故の場合には、翌年度の契約の等級が1等級上がり、事故があった場合には3等級下がる。



つまり、現行制度では、前年の事故の有無にかかわらず、同じ等級の契約者であれば同一の割増引率を適用しているということです。



しかし、前年事故があった契約者(事故有契約者)は負担している保険料と比較してリスク実態(保険金の支払状況)が高く、前年事故がなかった契約者(無事故契約者)は負担している保険料と比較してリスク実態が低くなっている。



これは、事故有契約者に適用される保険料が不足していることを意味しており、「現行制度では事故有契約者が本来負担すべき保険料の一部を無事故契約者が負担している構造にある」という。



そこで、ノンフリート等級別料率制度を改定し、事故有契約者に対してリスク実態に応じて負担増を求める一方、無事故契約者については、全体として負担減を行うことにより、無事故契約者と事故有契約者の保険料負担の公平性を確保したものです。



これにより、保険料が高騰し無保険車が増えないことを願うばかりです。



<新ノンフリート等級表>
toukyu.jpg

自動車保険

ファミリーバイク特約

ファミリーバイク特約というのは、自動車保険に特約として50CC〜120CCのバイクの保険を付帯してつけるものです。補償内容は、対人・対物・自損となり人身傷害は任意で付保できます。


当然、人身傷害をつけるとなると保険料はグ〜ンと高くなります。何故か?バイクの場合は転べば怪我をするからです。


ついこの間の事故ですが、契約者が50CCのバイク、相手乗用車で契約者側 赤点滅信号、相手 黄点滅信号で衝突、契約者は瀕死の重傷で治っても後遺障害がでそう。


相手某通販系保険会社は過失がそちらの方が多いから、過失分被害者請求してくださいと・・・。


こういった場合、人身傷害を加入していると、治療費の心配なく怪我の治療に専念できます。


バイク乗ってみえる方は是非人身傷害加入を検討されることをオススメします。

自動車保険

車両保険の必要性

車両保険は、保険料が高いから加入しないと言う人がいますが果たしてそうなのでしょうか?


例えば、昨今不景気の為か、自動車の盗難、車上あらしが、新聞紙上のみならずいろいろ耳にする機会が多いかと思いますが、車両保険未加入の場合は補償されません。


又、車と車の事故の際、過失割合でもめた際、車両保険未加入の場合、示談成立しないと、保険金は双方の保険会社から一切支払われません。


ですから、自分の車の修理か完成しても保険金が支払われませんので、修理代金 全額立替になります。何十万立替ということも往々にあります。


ディーラーによっては、車両保険加入してない事故車の修理はしないという所もあるみたいです。修理代金の未回収を防ぐ為です。


それに引き換え車両保険を加入している場合は示談成立していなくても、保険会社は修理代金を立替払いをしてくれます。


私の考えとして、車両保険を加入しなくてもいいケースはぶつかったら、車を買い替えると決めている場合のみです。

自動車事故

自動車同士の事故

先日、自動車同士の事故でご参考になるかどうか分かりませんが、ご紹介したいと思います。


一方がスーパーの駐車場で前からつっこんで駐車していて、バックででる際、後ろを直進していた相手車の右後部にぶっつかった。


当然、ぶっつけられた方(B)としてみれば、自分は全く悪くないと思い、ぶつけた相手(A)も自分が悪いと思って写真と見積りを取ってもらって修理代を払う気でいたのです。


 が、ぶつけた方(A)としてみれば、修理代が高い、低い、余分な修理箇所もふくまれていないか等、後でトラブルになるのを恐れ、契約代理店に事故報告しました。


(A)の契約代理店は車が動いている同士の事故なので、当然過失割合が出るものと思い、ぶつけられた相手にその日のうちにTELして契約代理店(某生命保険会社のセールスレディ)を聞き出し所属保険会社に事故報告。


翌日、(A)の保険会社から(B)の代理店、保険会社に連絡を入れたが、(B)が無過失主張の為、間に入って話が進めれないので、(B)本人と話を進めてくれとのこと。


それを聞いた(B)は、どうして高い保険料を毎年払っているのに、自分の主張を聞きいれ示談交渉してくれないんだと、激怒。(注:無過失主張だと保険会社は示談交渉はしてくれないんですよ。皆さん)


孤立無援になった(B)は、自分の加入保険会社に愛想をつかし、20:80でしぶしぶ示談、加入保険会社には、次期更新はしない旨告げる。


ここで、契約者が激怒したポイントが2つあります。


1つ目は(B)の事故報告を受け付けた代理店がこの事故は、相手が修理代を全額払う旨の確約がない限り、過失が出る事故である事をしっかり納得してもらうまで説明すること。そのままスルーで、後は保険会社任せではトラブルになります。


2つ目は保険会社の対応が、あまりにも四角四面すぎて、無過失主張ですから、対応できませんでは、契約者は怒ります。もっと血のかよった対応をして欲しいものだと思います。配慮が足りないケースが往々にみられます。


ちなみに、通販系は保険会社直契約です。

代理店を通じての契約は、専門知識をもったベテラン代理店に加入すれば、間違いはなさそうです。


以上の事から自動車保険の見直しの一助になれば、と思います。










自動車保険

ソニー損保自動車保険

年間走行距離が少ない人で,新たに自動車保険をお探しの人には,ソニー損保の自動車保険を
是非考えて頂きたいと思います。

ソニー損保の自動車保険は,特に年間走行が11000キロ以下の人ならば絶対にお得な内容に
なっています。

ソニー損保の自動車保険が,数多くある自動車保険の中で選ばれる3つの理由というものが
あります。

まず,一つ目に「保険料は走る分だけなのでお得」というのがあります。

ソニー損保の自動車保険は,1年間に走る分だけ支払いをすればよい,という合理的な自動車保険なのです。

二つ目に,「ソニー損保の自動車保険はロードサービスが充実している」というのがあります。
レッカーは20kmまで無料なので,事故だけではなく,故障の時にもソニー損保の自動車保険
はとても安心なのです。

三つ目に「安心の事故対応」というのがあります。ソニー損保の自動車保険なら,補償も
サービスもしっかりしているので,納得がいくまで丁寧な対応をしてもらえるのです。

また,ソニー損保の自動車保険が気になっているのなら,是非公式サイトで見積りをしてみて
ください。

インターネットからであれば,最大3000円がオフになります。

  1 2 3 4 5..  次の10件>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。