AX

自動車事故

車両引上げについて

自動車保険で、車両保険を一般条件で加入していたとします。

そこで、過日運転操作を誤り、電柱にぶつかって大破してしまいました。

そういった場合、保険金支払いの対象になります。(無免許運転、飲酒運転は対象外)

そこで、保険会社の損害認定で全損認定になりました。(全損認定とは、現在のその車の価値より修理金額の方が上回った場合を言います。)

また、そうなった場合保険金の受取り額はその車の価値分しか受けとれません。

尚且つ、ぶつかって全損になった車両は、保険会社が引上げていきますので、注意が必要です。

なかには、全損になった車両を下取りに出して、新しい車をと考える方もあるみたいですが、そうではないので注意が必要です。

自動車事故

自動車同士の事故

先日、自動車同士の事故でご参考になるかどうか分かりませんが、ご紹介したいと思います。


一方がスーパーの駐車場で前からつっこんで駐車していて、バックででる際、後ろを直進していた相手車の右後部にぶっつかった。


当然、ぶっつけられた方(B)としてみれば、自分は全く悪くないと思い、ぶつけた相手(A)も自分が悪いと思って写真と見積りを取ってもらって修理代を払う気でいたのです。


 が、ぶつけた方(A)としてみれば、修理代が高い、低い、余分な修理箇所もふくまれていないか等、後でトラブルになるのを恐れ、契約代理店に事故報告しました。


(A)の契約代理店は車が動いている同士の事故なので、当然過失割合が出るものと思い、ぶつけられた相手にその日のうちにTELして契約代理店(某生命保険会社のセールスレディ)を聞き出し所属保険会社に事故報告。


翌日、(A)の保険会社から(B)の代理店、保険会社に連絡を入れたが、(B)が無過失主張の為、間に入って話が進めれないので、(B)本人と話を進めてくれとのこと。


それを聞いた(B)は、どうして高い保険料を毎年払っているのに、自分の主張を聞きいれ示談交渉してくれないんだと、激怒。(注:無過失主張だと保険会社は示談交渉はしてくれないんですよ。皆さん)


孤立無援になった(B)は、自分の加入保険会社に愛想をつかし、20:80でしぶしぶ示談、加入保険会社には、次期更新はしない旨告げる。


ここで、契約者が激怒したポイントが2つあります。


1つ目は(B)の事故報告を受け付けた代理店がこの事故は、相手が修理代を全額払う旨の確約がない限り、過失が出る事故である事をしっかり納得してもらうまで説明すること。そのままスルーで、後は保険会社任せではトラブルになります。


2つ目は保険会社の対応が、あまりにも四角四面すぎて、無過失主張ですから、対応できませんでは、契約者は怒ります。もっと血のかよった対応をして欲しいものだと思います。配慮が足りないケースが往々にみられます。


ちなみに、通販系は保険会社直契約です。

代理店を通じての契約は、専門知識をもったベテラン代理店に加入すれば、間違いはなさそうです。


以上の事から自動車保険の見直しの一助になれば、と思います。










自動車事故

自動車保険車両補償の限界

保険における車両補償の原則は、市価を上限として修理金額が支払われるものであり、
したがって、車両保険に加入する場合も保険の金額は市価が上限になっている。


実際は各保険会社が自動車保険車両標準価格表というものを発行しており、これに基づいて
車両保険の金額(上限)が決定れている。

この表には乗用車の場合、過去7年の車両価格しか金額が記載されていない。
 
「この表に記載されていない車両については保険会社に問いあわせてください」と記載されているが、問い合わせても7年以上経過した車両は法定償却率が終わっている、として車両価格の1割程度の評価額としてしか車両保険に加入できない。


つまり、多くの旧車はおそらく20万が車両保険の加入の上限となる。

しかしながら車両保険20万のための掛け金は割引率によるがおおよそ年間4〜5万円だったりする。


つまり車両保険は大きな事故の場合にしか役立たない。しかしながら全損したような大きな
事故の場合、修理費は車両保険の上限20万以内しか支払われない。


つまり、ちょっとした事故をしただけで全損扱いとして20万の支払いがなされて終わりとなる。

保険料とのコストという観点からは旧車の場合に車両保険に加入するメリットは無いと思われる。


もうひとつの問題は被害事故の場合の車両の修理費の問題である。

相手側に100%の過失のある事故でこちらが無過失の事故で、車両の損害を受けた場合も前述と
同様の考え方で補償額が算定される。


つまり、修理費の見積額が50万円の被害を受けたとしても、補償の上限は被害車両の
市価が上限となる。車令が10年も経過していると車両の市価は無いに等しいと見なされて
新車価格の10%の20万円しか補償されない。


被害をうける前の状態に復旧するための修理費さえ支払われないというのが現状である。

これは損害を償うのに、修理するより、市場で同等の車両を買ってきた方が安い、という論理に
基づく。

自動車事故

自動車盗難事故【自動車保険見直しアドバイス】

最近、自動車の盗難事故が増えています。
有名芸能人もベンツを盗まれたりしていますし、他人事ではありません。
こんなときに役に立つのは「一般車両保険」「エコノミー車両+限定A」です。


車両保険と言えば、衝突事故時の損害をカバーするだけだと考えがちですが、
「一般車両保険」は、単独事故、火事や台風、当て逃げや落書き、盗難による損害も補償してくれます。

一方「エコノミー車両+限定A」は、単独事故と当て逃げは補償対象外になります。


このように、補償範囲が広くなるほど保険料は高くなります。

自分と愛車にとって必要な補償なのか吟味して加入してください。

自動車事故

交通事故の治療費【自動車保険見直しアドバイス】

健康保険による交通事故の治療費と、自由診療による交通事故の治療費は、その単価が違います。

健康保険の医療単価は1点が10円と決められていますが、自由診療は病院ごとに単価を決めてよいことになっているのです。

自由診療は、たいがいは1点あたり約20円で、健康保険の倍額になります。

かかった費用を加害者が負担してくれるときは問題ありませんが、加害者が任意保険に入っていなかったり、被害者の過失が大きかった場合は大問題です。

加害者の任意保険から支払われなかったら、ケガの保障は自賠責保険の限度額の120万円まで、ということになってしまうのです。

たとえば、交通事故の治療をして、10万点分の点数になったとします。

健康保険診療なら1点あたり10円ですから、100万円になります。

一方、自由診療では仮に1点を20円だとすると、200万円になります。

つまり、自賠責保険のケガの限度額の120万円を超えてしまいます。

この超えた分は、任意保険からも支払いされなければ、差額の80万円は自分もちになります。

健康保険診療の方は100万円ですから、まだ限度額の120万円までは20万円の余地があります。
この分は休業損害を請求したりできるのです。

ちなみに、人身傷害保険も健康保険診療を前提にしています。

自動車事故

車に落書きされた。車両保険で直せる?【自動車保険見直しアドバイス】

まず、マイカーに受けた損害の補償を受けるには、対人賠償保険

や対物賠償保険など基本契約に加え、車両保険の契約をしておく

ことが必要です。

 代表的な車両保険には、“一般の車両保険”と“車対車A”がありま

すが、いずれの契約でも落書きは補償されます。

 なお、事故により損害を受けて保険金を受け取ると、通常は次回の

保険契約の等級が3等級ダウンします。

 ところがこれには例外があります。被害が保険会社によって「落書き」

であると認定された場合には、保険金を受け取っても、次回の契約で

等級が下がることはありません。「等級すえおき事故」の扱いとなり、次回

の契約の等級は、前契約の等級のまま、据え置かれます。

 そのほか、車上荒らしによる盗難や、窓ガラスの破損損害を被った場合

も、等級すえおき事故として扱われます。

 「保険を使うと次の年、保険料が上がるから・・・」と考え、保険を使って修

理することをためらうこともありますが、こうしたケースもありますので、被害

を受けたら、まずは保険会社に問い合わせてみましょう。

★自動車保険見直しアドバイス★

自動車事故

示談交渉【自動車保険見直しアドバイス】

示談交渉とは、具体的に言うと損害賠償金の額を決めることです。

最終的には、交通事故の処理はお金で解決することになります。

示談交渉では加害者と被害者双方が納得した上で、損害賠償が

行われます。加害者側が被害者側の提示額に納得できない、被

害者側が加害者側の提示が低すぎると感じる、などの理由で示談

が成立しなければ、簡易裁判、あるいは訴訟を起こし民事裁判へ

の流れとなります。損害賠償の支払金額の決定を司法に任せるこ

とになります。こうなると双方にとって大変でしょう。

 小さな事故であれば、示談交渉を成立させたほうが双方にとって

楽です。お互いの歩みよりも必要かと思われます。ちなみに、保険

請求権は2年、損害賠償請求権は事故後3年で時効により消滅し

てしまいます。どうしても事故後の示談交渉が成立しない場合は、

まずは「交通事故紛争処理機関」で相談されるのが良いかと思います。

★自動車保険見直しアドバイス★

自動車事故

過失ゼロ【自動車保険見直しアドバイス】

停車中に後方から追突されるというような、自分の過失が

ゼロで、事故当事者となってしまった場合、基本的に自分

保険は関係ありません。相手方の保険から保険金がお

りることになります。どのような事故であっても、過失がゼ

ロであれば保険会社は関係ないので、示談交渉のための

担当者は付かないのが通常です。相手方の保険会社、保

険代理店と自ら示談交渉しなくてはいけません。

 いわば、素人VSプロの勝負ということになってしまいます

ので、この点は運営者自身、少々おかしな点だと思います

が、仕方ないようです。最近は保険会社によっては、示談

交渉のための弁護士費用特約が特約として用意されていた

り、交渉に関するアドバイスが受けられたりするタイプの

動車保険
も販売されているようです。詳しくは各保険会社

確認が必要です。交通事故、自動車保険の種類によっては、

過失があっても示談交渉の担当者が付けられない場合があ

ります。

 
 ★自動車保険見直しアドバイス★

自動車事故

過失割合【自動車保険見直しアドバイス】

主に自動車同士の事故の場合、双方の事故に対する過失を判定し、

その割合によって損害賠償金の負担額を決定します。どちらのドラ

イバーにどれくらいの不注意があったと考えられるかを、30%対70

%という具合に割合で表し、負担金額にもその割合を当てはめて、賠

償金額が算出されるというわけです。

この理屈から考えると、過失の少ない人の方が、支払わなければなら

ない賠償金額が少すくなくなります。

この過失割合は判例タイムズが判断基準となっております。

★自動車保険見直しアドバイス★

自動車事故

等級据え置き事故【自動車保険見直しアドバイス】

等級据え置き事故で保険金を請求した場合は、翌年の等級が

上がりも下がりもせずに、同じ等級で据え置きとなります。

等級据え置き事故とされるのは、火災、台風、爆発、落下物など

の損害で車両保険を使用した場合です。また、これらの事故で車

保険に付帯する代車費用担保特約などを使用した場合でも、据

え置き事故として扱われます。

据え置き事故に当たるものは、常識的に見れば事故ではなく災害

とも言えますので、保険加入者としてはノーカウント事故として扱っ

てもらいたいところですが、等級据え置きという対処に留まっています。

このように、すべての事故の保険請求についてノンフリート等級が下が

るわけではありません。等級が下がるからといって保険適用をむやみ

に見送らず、まずは保険会社に相談してみたほうが無難です。

★自動車保険見直しアドバイス★

1 2 >>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。