AX

自動車保険

自動車保険等級とは?


自動車保険の契約の中で,等級ということばが出てきます。

自動車保険の等級についてよく御存じない人が多いと思うので説明しましょう。

一般的に,私達が自動車保険に加入するときには,ノンフリート契約という自動車保険で
加入することになります。

ノンフリート契約とは,契約者が所有,または使用する自動車の総台数が9台以下の自動車保険の契約のことを言います。

1台につき自動車保険1契約となり,保険料はそれぞれの自動車によって違ってきます。

ちなみに,もしも10台以上であるならば,フリート契約の自動車保険に加入することになり,その場合は,全車が自動車保険1契約で管理されることとなります。

自動車保険において,等級というものはとても重要です。

自分が今何等級で,等級が変わるとどうなるのかを確認することは,自動車保険の保険料を考える上でとても大切なことです。

等級があがるときは,毎年1等級ずつ,下がる時は,1事故3等級ずつです。

例えば,自動車保険の契約を継続・更新する場合には,1等級の人は50%割増になってしまい
ます。反対に,18等級以上の人は60&割引きになります。

自動車保険に新規加入する場合には,6等級からスタートすることとなります。

自動車保険

自動車任意保険

自動車保険は大きくわけて二つにわけられます。その自動車保険の種類のうちのひとつめは,自賠責保険という自動車保険です。

この自賠責保険という保険は,自動車を運転する人が必ず加入する
ことになる,強制保険とも呼ばれている自動車保険です。

もうひとつの保険は,任意保険という保険で,その名の通り加入することが任意になっている
自動車保険のことです。

強制保険の自賠責保険でカバーできる補償の範囲は,事故を起こした場合に相手が怪我を
したり死亡したりした場合の対人の補償のみなのです。

しかもその自賠責の自動車保険の補償額には限度額があります。

そこで,任意保険の自動車保険の出番なのです。事故を起こした時に自分や相手の車の修理代や
公共物を破損した場合の修理代,自分の怪我の医療費や車両が盗難にあった場合などの補償を
してくれる自動車保険が,任意保険なのです。

この,任意保険という自動車保険の中には色々な保障の種類があります。

人に怪我を負わせてしまった場合の対人賠償保険、事故で物を壊してしまった時に保障する対物賠償保険や,同乗者と自分を保障するを保障する搭乗者傷害保険,人身傷害保険又、車両が盗難にあった場合や事故を起こした場合の車両保険などいろいろな保障があるので,あらかじめ自分で必要だと思ったものを代理店なりに相談して加入をしておけばとても安心だと思います。

自動車保険

自動車保険比較.検討

自動車保険に限らず,保険というものは,沢山の商品が日々登場しているので,どの商品を
選べば良いのか,どの会社を選べば良いのかなどがわからなくなりがちです。

そこで,自動車保険に加入しようとしている時は,自動車保険の様々な会社の商品の比較が
重要となってきます。

自動車保険を比較することによって,自動車保険の保険料は確実に安くなってきます。

最近では,自動車保険の比較はインターネットを使う事によって簡単に行う事ができます。

車検証などを目の前に置いて,簡単な入力をするだけで自動車保険の比較を行う事もできます。


自動車保険の比較のポイントは,自動車保険の保険料の違いや,各種の割引制度はもちろん,
保障の保障内容(基本保障や特約,車両保険についてなど)をしっかりと見ることです。

また,自動車保険では,事故にあった場合などのサービスやフォロー,無料ロードサービスが
ついているのかなども重要となってきます。

自動車保険の比較をする時には,これだけは譲れないという保障の優先順位を決めましょう。

また,比較的安い保険会社も存在しますので,安い保険会社を選べば自動車保険の保険料も
安くなるということになります。

自動車保険比較.検討はこちらで
 
↓   ↓    ↓
*500円マックカードプレゼント付*自動車保険見直しキャンペーン

自動車保険

二つの自動車保険【自動車保険見直しアドバイス】

自動車保険は大きくわけて二つにわけられます。

その自動車保険の種類のうちのひとつめは,自賠責保険という自動車保険です。

この自賠責保険という保険は,自動車を運転する人が必ず加入することになる,強制保険とも呼ばれている自動車保険です。

もうひとつの保険は,任意保険という保険で,その名の通り加入することが任意になっている自動車保険のことです。

強制保険の自賠責保険でカバーできる補償の範囲は,事故を起こした場合に相手が怪我をしたり死亡したりした場合の対人の補償のみなのです。

しかもその自賠責の自動車保険の補償額には限度額があります。

そこで,任意保険の自動車保険の出番なのです。事故を起こした時に自分や相手の車の修理代や公共物を破損した場合の修理代,自分の怪我の医療費や車両が盗難にあった場合などの補償をしてくれる自動車保険が,任意保険なのです。


この,任意保険という自動車保険の中には色々な保障の種類があります。


事故で物を壊してしまった時に保障する対物保険や,同乗者を保障する保険,自分を保障する保険,車両が盗難にあった場合の保険などいろいろな保障があるので,信頼のおける代理店などに相談され、自分で必要だと思ったものに加入をしておくことがとても安心だといえます。

自動車事故

自動車保険車両補償の限界

保険における車両補償の原則は、市価を上限として修理金額が支払われるものであり、
したがって、車両保険に加入する場合も保険の金額は市価が上限になっている。


実際は各保険会社が自動車保険車両標準価格表というものを発行しており、これに基づいて
車両保険の金額(上限)が決定れている。

この表には乗用車の場合、過去7年の車両価格しか金額が記載されていない。
 
「この表に記載されていない車両については保険会社に問いあわせてください」と記載されているが、問い合わせても7年以上経過した車両は法定償却率が終わっている、として車両価格の1割程度の評価額としてしか車両保険に加入できない。


つまり、多くの旧車はおそらく20万が車両保険の加入の上限となる。

しかしながら車両保険20万のための掛け金は割引率によるがおおよそ年間4〜5万円だったりする。


つまり車両保険は大きな事故の場合にしか役立たない。しかしながら全損したような大きな
事故の場合、修理費は車両保険の上限20万以内しか支払われない。


つまり、ちょっとした事故をしただけで全損扱いとして20万の支払いがなされて終わりとなる。

保険料とのコストという観点からは旧車の場合に車両保険に加入するメリットは無いと思われる。


もうひとつの問題は被害事故の場合の車両の修理費の問題である。

相手側に100%の過失のある事故でこちらが無過失の事故で、車両の損害を受けた場合も前述と
同様の考え方で補償額が算定される。


つまり、修理費の見積額が50万円の被害を受けたとしても、補償の上限は被害車両の
市価が上限となる。車令が10年も経過していると車両の市価は無いに等しいと見なされて
新車価格の10%の20万円しか補償されない。


被害をうける前の状態に復旧するための修理費さえ支払われないというのが現状である。

これは損害を償うのに、修理するより、市場で同等の車両を買ってきた方が安い、という論理に
基づく。

自動車保険

自動車保険ロードサービス【自動車保険見直しアドバイス】

事故や故障について最近の自動車保険には、自動的に「現場急行サービス」が付いているものがあります。
これは、事故や故障でクルマが動かなくなったときに、現場に専門スタッフが駆けつけるというもの。
多くは、事故報告から30分以内に対応してくれるようです。


専門スタッフとは、故障自動車の牽引サービスなどを行なう緊急対応のプロを指します。


事故で動揺しているときの専門家のアドバイスは、貴重です。

JAFなどに入っていない人であれば、特に要チェックといえるでしょう。


又、最近の自動車保険のなかには、事故だけでなく 故障のときにも役に立つものもあります。ご存じでしたか。

これは、「ロードアシスタンスサービス」とか「トラブルサポートサービス」「ロードサイドサービス」などと名称が付いた自動車保険です。
バッテリー上がりや鍵開け、スペアタイヤの交換、落輪引き上げなどの緊急修理を無料で対応してくれます。
会社によっては、自宅駐車場での故障も対応してくれるので、確認するといいですね。


提携修理工場がある自動車保険なら、故障時の修理や車検・点検サービス等も割引価格で利用できます。

しかも、その際の車の引き取りや納車、代車の提供までも無料にしているところもあります。

自動車保険を見直すには、これまた要チェックですね

自動車保険

車両標準価格表【自動車保険見直しアドバイス】


車両標準価格表とは、保険会社が車両保険契約の時に使用しているもので、クルマのメーカー、車名、型式、仕様などがこと細かに記載されている表です。

もちろんエアバッグの有無、ABSなどもしっかりとクラス分けがされており、それぞれの車のグレードごとに標準保険価格というものが設定されています。


一般的に車両保険にあっては、支払保険金はご自分の自動車の修理費用に当てられ、例えばもともと車両価格の高い自動車とそうでない自動車では修理費用ひとつとっても大きな金額の差があり、又、スポーツカーのようなスピードを出して走る車は事故した時多額の修理費用がかかり、事故率も高くなります。

こういったときの修理費用の格差をもともとの自動車そのものに反映し、あらかじめ負担する保険料の公平化を図る目的があってこういった車両標準価格表というものができております。

自動車事故

自動車盗難事故【自動車保険見直しアドバイス】

最近、自動車の盗難事故が増えています。
有名芸能人もベンツを盗まれたりしていますし、他人事ではありません。
こんなときに役に立つのは「一般車両保険」「エコノミー車両+限定A」です。


車両保険と言えば、衝突事故時の損害をカバーするだけだと考えがちですが、
「一般車両保険」は、単独事故、火事や台風、当て逃げや落書き、盗難による損害も補償してくれます。

一方「エコノミー車両+限定A」は、単独事故と当て逃げは補償対象外になります。


このように、補償範囲が広くなるほど保険料は高くなります。

自分と愛車にとって必要な補償なのか吟味して加入してください。

自動車事故

交通事故の治療費【自動車保険見直しアドバイス】

健康保険による交通事故の治療費と、自由診療による交通事故の治療費は、その単価が違います。

健康保険の医療単価は1点が10円と決められていますが、自由診療は病院ごとに単価を決めてよいことになっているのです。

自由診療は、たいがいは1点あたり約20円で、健康保険の倍額になります。

かかった費用を加害者が負担してくれるときは問題ありませんが、加害者が任意保険に入っていなかったり、被害者の過失が大きかった場合は大問題です。

加害者の任意保険から支払われなかったら、ケガの保障は自賠責保険の限度額の120万円まで、ということになってしまうのです。

たとえば、交通事故の治療をして、10万点分の点数になったとします。

健康保険診療なら1点あたり10円ですから、100万円になります。

一方、自由診療では仮に1点を20円だとすると、200万円になります。

つまり、自賠責保険のケガの限度額の120万円を超えてしまいます。

この超えた分は、任意保険からも支払いされなければ、差額の80万円は自分もちになります。

健康保険診療の方は100万円ですから、まだ限度額の120万円までは20万円の余地があります。
この分は休業損害を請求したりできるのです。

ちなみに、人身傷害保険も健康保険診療を前提にしています。

自動車保険

自動車保険お得な加入方法(ミニフリート)【自動車保険見直しアドバイス】

都市部ではすくないですが、地方へ行くと一家族マイカーを3台以上所有
しているご家族があると思いますが、 3台を一括して引き受けさせていた
だくと、其々の保険料に3%の割引がつくというものです。

6台以上でしたら5%になります。しかも、分割払いでも割り増しがつきませ
んし、異動等の際もすべて日割計算になり非常に合理的な保険料体系に
なっております。

是非、一家に3台以上所有してみえるお宅は切り替えられる事をオススメ
します。

<<前の10件  1 2 3 4 5..  次の10件>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。