AX

自動車保険

過失割合その2【自動車保険見直しアドバイス】

過失の負担割合は、Aさんが70%、Bさんが30%。Bさんの車の

修理費は30万円で、その70%である21万円がAさんの自動車保険

から支払われました。一方、Aさんの車は修理代が100万円かかり、

その30%である30万円が、Bさんの自動車保険から支払われました。

過失割合はAさんが70%、Bさんが30%なのですが、Aさん側から

賠償される21万円とBさん側から賠償される30万円を相殺してみると、

過失の低いBさん側が30万円-21万円=9万円の賠償金を支払う形に

なっているわけです。


このように、過失割合の高い車が高級車であったり、その車だけが激し

く損傷するような事故であった場合、過失割合の低いドライバーが、実

質的に加害者よりも多く、賠償金を支払わなくてはならないケースもあ

るというわけです。

もちろん、加入している任意保険や特約などによっては、この例でのB

さんが金銭的に損をするかどうかは変わってきますが、免責金額の設

定などによっては、Bさんのみが賠償金を自腹で支払うというケースも

考えられます。

となると、自分の運転に自信があっても、「運転が上手いから過失割合

を低くできるし、保障が薄くても大丈夫」という考え方は、必ずしも適当で

はないと言えます。

★自動車保険見直しアドバイス★

自動車事故

過失割合【自動車保険見直しアドバイス】

主に自動車同士の事故の場合、双方の事故に対する過失を判定し、

その割合によって損害賠償金の負担額を決定します。どちらのドラ

イバーにどれくらいの不注意があったと考えられるかを、30%対70

%という具合に割合で表し、負担金額にもその割合を当てはめて、賠

償金額が算出されるというわけです。

この理屈から考えると、過失の少ない人の方が、支払わなければなら

ない賠償金額が少すくなくなります。

この過失割合は判例タイムズが判断基準となっております。

★自動車保険見直しアドバイス★

自動車事故

等級据え置き事故【自動車保険見直しアドバイス】

等級据え置き事故で保険金を請求した場合は、翌年の等級が

上がりも下がりもせずに、同じ等級で据え置きとなります。

等級据え置き事故とされるのは、火災、台風、爆発、落下物など

の損害で車両保険を使用した場合です。また、これらの事故で車

保険に付帯する代車費用担保特約などを使用した場合でも、据

え置き事故として扱われます。

据え置き事故に当たるものは、常識的に見れば事故ではなく災害

とも言えますので、保険加入者としてはノーカウント事故として扱っ

てもらいたいところですが、等級据え置きという対処に留まっています。

このように、すべての事故の保険請求についてノンフリート等級が下が

るわけではありません。等級が下がるからといって保険適用をむやみ

に見送らず、まずは保険会社に相談してみたほうが無難です。

★自動車保険見直しアドバイス★

自動車保険

ノーカウント事故【自動車保険見直しアドバイス】

交通事故に遭い、保険金の請求を行うと、無事故年数の

度合いを表す“ノンフリート等級”が下がることは、自動車

保険
の上では常識的なことです。ノンフリート等級が下が

ると、保険料の割引率も下がってしまうため、保険料が値

上がりします。そのため、事故に遭遇しても、損害額が少

ない場合は保険金の請求をしないで、等級の維持を優先

した方が得な場合もあり、損害を自己負担して保険金請求

を行わない人も少なくありません。

しかし、すべての保険金請求についてノンフリート等級が下

がるわけではありません。ノンフリート等級が下がるのは、

「カウント事故」と呼ばれる事故の損害にちて保険金請求を

行った場合のみで、「ノーカウント事故」で保険金請求を行っ

ても、ノンフリート等級は下がりません。下がらないだけでは

なく、ノーカウント事故のみであれば、無事故の場合と同じく、

翌年にノンフリート等級は1等級上がります。

ノーカウント事故とされる事故は、以下のような事故です。

 ノンフリート等級が下がらないノーカウント事故

・搭乗者傷害保険事故

・人身傷害保険事故

・無保険車傷害特約事故

・ファミリー傷害特約事故

それぞれ、事故という言葉の前に保険や特約の名前がついて

いますが、基本的には、これらの保険・特約の請求のみ行われ

る事故では、ノンフリート等級は下がりません。ノーカウント事故

に数えられる事故は、いずれも賠償責任の発生しない事故とな

っています。


★自動車保険見直しアドバイス★

自動車保険

・自動車保険等級【自動車保険見直しアドバイス】

自動車保険でいう「等級」とは、「ノンフリート等級」のことを意味します。

この「ノンフリート等級」とは、車の所有台数が9台以下の場合に適用

され、1等級から20等級までフ等級区分に分かれています。初めて加

入するときは6等級からスタートし、その等級が高く(数字が大きく)なれ

ばなるほど、保険料が安くなります。

等級20191817161514131211
割引率-60-60-60-58-58-55-55-50-50-45
等級107F6F
割引率-40-40-30-20-10-10-0+20+30+60

注)6F、7Fというのは前契約がある場合です。6等級に関しては下の

表を、7等級に関しては複数所有自動車で割引を参考にしてください。

契約日から一年間、無事故で満期を迎えた場合、翌年の契約は等級

が1つ上がり、割引率も上がるため、保険料は安くなります。

しかし、逆に事故があった場合、次年度の契約は、事故1件につき3等

級下がってしまいますので、保険料もかなりの負担増になります。

とにかく、長く安全に運転することで、保険料が安くなるということを念頭

において、運転しましょう。

(初めて自動車保険に加入する場合)

初めて自動車保険に加入するときは6等級からスタートしますが、その

場合車種や年齢条件により、下表の6等級(A)〜(E)の割増率が適用さ

れます。上の表の6Fというのは前契約がある場合の割引率です。

区分等級割増率
年齢条件対象車種年齢問わず6(A)30%割増
21歳以上6(B)10%割増
26歳以上6(C)割増なし
30歳以上6(E)
年齢条件対象外車種6(D)
★自動車保険見直しアドバイス★

自動車保険

・自動車保険特約見直し【自動車保険見直しアドバイス】

今は各保険会社が独自にいろいろな特約を用意していますので、

これらについても理解しておくと条件のよい保険に加入できる場合

が多いものです。

補償範囲を広げたり、また時には補償範囲を狭めたりすることで、

あなたにピッタリの自動車保険を選ぶことが可能になります。


しかし保険を加入するとき、または継続するときに、多くの人が1社

か2社の見積で決めてしまうことがほとんどではないでしょうか?

・今入っている保険会社でそのまま継続。

・知り合いが保険代理店をやっている。

・車を購入時にお店ですすめられた。

など、つい他社で保険の説明を受けることを面倒くさがってしま

いがちです。

しかし今説明したように、最近では自動車保険も本当にいろいろ

な種類のものが出ています。

例えば年齢条件一つをとっても、各保険会社で割引を設定してい

る年齢は違うものです。

また購入した車が新車か中古車かでも補償内容が違ったり、代車

費用や保険継続し忘れに対応していたりなど、その内容は様々です。

最初に書きましたが、このことは何も補償範囲を広げることを意味

するのではなく、逆に補償範囲を狭めることにより、保険料が節約

できる場合も多いのです。

ですから保険加入の際には、面倒くさがらずに必ず複数の保険会

から見積を取るようにしましょう。

納得の自動車保険見積り!全員に500円マックカードプレゼント!

★自動車保険見直しアドバイス★

自動車保険

・自動車保険(セカンドカー割引)【自動車保険見直しアドバイス】

一般的に1台目の車両の保険契約が11等級以上であれば2台目

の車の保険料が割引かれる「セカンドカー割引」が摘要となり、

通常は新規の場合6等級からのスタートですがセカンドカー割引

を摘要すると7等級からのスタートとなる。 但し、11等級以上と

いう条件のほかに、車両所有者と保険の名義人が同一であると

いう要件がありますが、最近では一部の保険会社での改正も見

受けられ、同居の家族でも対応可能な保険会社もあります。

是非、こうゆう割引は申告しませんと適用されずに保険料計算され

る可能性がありますので、覚えておいてほしい割引です。

★自動車保険見直しアドバイス★

自動車保険

・自動車保険(安さをとるか!安心をとるか!)【自動車保険見直しアドバイス】

自動車保険保険料は安ければ安いだけよいのでしょうか?? 

保険料を安くするための工夫をたくさんしたけど、それだけの

保険料で充分な補償と安心を得ることができるのでしょうか??

自動車保険において、安さと安心は共存しないわけではありま

せん。

『二兎追うもの 一兎も得ず』には必ずしもならず、安い保険

でも充分な補償と安心を得られるような保険に、自分が納得した

上できちんと理解して加入していればそれでよいのです。

危険なのは、自分の保険でどの範囲まで補償されるか全く理解

せずに日々自動車を運転することです。万が一のことがあった

場合には、自分が加入している保険会社が、あなたの保険料に

見合ったサービスを提供してくれるはずですから、そのことは正し

く理解しておきたいものです。

自動車保険についていえば、保険の内容を検討するのと同じくらい

重要なのが保険会社を選ぶことです。保険会社は、あなたが万が

一のトラブルに巻き込まれたときにその手助けをしてくれる、快適な

カーライフをおくる上での強力な助っ人なのです。

今や、自動車保険と各社個性的な独自の特徴を持っています。そ

れは、保険会社が各社によってターゲットとしている対象が違うわけ

ですから当然とも言えるのですが、その個性の違いが保険料に反映

されている場合が多いのです。

自動車保険で、安心と安価は共存し得ますが、保険会社によっては

安価を追求することで安心が半減されているケースもあるのです。

自分にとって最適な保険はどれなのか・・・このことをきちんと理解し

保険を選び取る賢いドライバーになりたいものです

★自動車保険見直しアドバイス★

コラム

・保険金不払いで損保10社処分 うち6社は業務停止【自動車保険見直しアドバイス】

金融庁は14日、医療保険など「第三分野」の保険金不払いが

あった損害保険会社10社に業務改善命令を出した。このうち、

不払いの規模や支払い態勢の不備が大きかった東京海上日動

火災保険と日本興亜損害保険に、第三分野商品の販売など一

部業務の3カ月間の停止を命令した。あいおい損害保険など4社

には同分野の新商品認可申請などを1カ月間禁止する一部業

務停止命令を出した。

損保業界では第三分野以外にも、自動車保険の特約などの大

量不払いや、火災保険料の取りすぎなども明らかになっており、

経営責任を問う声が高まっている。

私の取り扱いしている保険会社も含まれていますが、自動車保険

一つとってみても現場の社員、代理店さえ理解できていない特約

を作り販売していた経緯があり、もっとお客様にも分かりやすいシ

ンプルな商品を作ってほしいし、また事故にあったお客様の契約に

対して保険金の支払いもれがないかチェックする部署が必要なき

がする。

★自動車保険見直しアドバイス★

自動車事故

・飲酒事故【自動車保険見直しアドバイス】

飲酒運転での事故がちょくちょくある。2年ほど前に飲酒運転
 
での厳罰化されてから、数は減っているように思うが、まだまだ

 飲酒運転している人はかなりの数いるように思う。

<飲酒運転事故の特徴>

(1)とにかくノーブレーキでぶつかるので大きい事故が多い。

 けが人が出るケースが多い。
 
(2)夜間に多い。<夜、午後9以降の事故の場合保険会社

 調査が入るケースが多い>

時節柄、飲酒運転にはくれぐれも気をつけて頂いて一生を棒に 

振らないよう”飲んだら乗るな!”をお忘れなく。

★自動車保険見直しアドバイス★

<<前の10件  .. 2 3 4 5 6  次の10件>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。